本文へスキップ

神奈川県相模原市の鍼灸院。橋本駅(京王線、横浜線、相模線)からバスで約10分。

【予約優先制】ご予約・お問い合わせはこちらTEL.042-774-2292

〒252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松1-11-2

関節リウマチrheumatism

どんな症状なの?

発病原因は不明ですが、遺伝的素因やウィルスとの関連が注目されています。 膠原病(自己の成分に対して免疫反応が起こってアレルギーが発生する病気)で、 30〜50代の人に発症しやすく、性別では女性が男性に比べて3倍多いとされています。

発病時には、起床時に関節が動きにくい(こわばり)、手指や足趾の関節の腫れ・変形が左右対称に見られます。個人差はありますが、だるさや疲れやすさ・微熱などの全身症状も伴います。進行すると関節拘縮のために可動域制限がみられるようになり、手指や手首の拘縮が顕著になると、衣服のボタンが留めにくい、ドアの開閉が困難になる、などの日常生活動作での支障が出るようになります。 また、リウマチの患者さんにとって片手でフライパンや鍋を持つことは、手首に負荷が掛かるだけでなく尺側変異も引き起こす原因となるため、両手で持つなど注意が必要です。

病院ではどんな治療をしているの?

血液検査、関節の炎症や破壊の程度、進行の過程を確認するためのX線検査・MRI検査などが行われ、臨床症状と併せて診断されます。薬物療法は、抗リウマチ薬が中心となります。関節の炎症を抑えて痛みを和らげるための非ステロイド抗炎症薬も併用されますが、その種類は多く、効果や副作用を考慮して使用されます。その他、必要に応じて坐薬や湿布薬、塗り薬なども使用されます。また、関節の動きを維持し筋萎縮を防止するために理学療法やリハビリテーションも取り入れられます。関節拘縮などで日常生活に支障が出るような状態では、関節運動の維持と改善を目的として人工関節・関節形成術など、関節が不安定な場合には関節固定術、炎症が起こっている滑膜を除去する滑膜切除術といった外科手術療法が行われることもあります。

鍼灸ではどのように考えているの?

リウマチの症状は関節に現れ、湿気の多い雨の日や天気が悪化しそうな時に症状が強くなります。東洋医学では、関節を支配しているのは「脾(ひ)」といい、脾は飲食の不摂生や湿気により負担がかかることを嫌います。そのため、湿気の多い梅雨の時期などにリウマチ症状が悪化しやすいのは、湿気により脾に負担が掛かり、支配部位である四肢関節に炎症が広がるためと考えます。

治療はどのように進んでいくの?

痛みや関節の腫れが顕著な場合には、まず痛みの軽減を目的に治療を進めます。 関節拘縮や変形がある場合、元の状態に戻すことは出来ませんが、それらの進行を抑えることを目的に治療を進めます。 痛みや腫れの見られる関節周囲の局所にも直接鍼をしていきますが、症状がある関節部だけではなく、リウマチは全身性の疾患と捉え、全身調整のための鍼治療もしていきます。 他の疾患同様、リウマチ症状があれば早めの治療をするのに越したことはありません。

相模原一番堂 水戸鍼灸院相模原一番堂水戸鍼灸院

〒252-0137
神奈川県相模原市緑区二本松1-11-2
TEL 042-774-2292
駐車場あり(2台)。自転車は入り口脇に、ベビーカーは中にお願いします。