本文へスキップ

神奈川県相模原市の鍼灸院。橋本駅(京王線、横浜線、相模線)からバスで約10分。

【予約優先制】ご予約・お問い合わせはこちらTEL.042-774-2292

〒252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松1-11-2

脳血管障害後遺症paralysis

どんな症状なの?

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害によって引き起こされる様々な症状を言います。主に身体が思うように動かせない運動障害、しびれや知覚低下などの感覚障害、言語障害(相手の言葉を理解はできるがうまく喋れない、喋れるが相手の言葉が理解できない、理解することも喋ることもできないなど)、他にも情緒障害や空間把握能力が低下するなどが見られます。これらの症状は障害の程度やを障害を受けた脳の場所などにより症状の出方は大きく異なってきます。

病院ではどんな治療をしているの?

急性期には何が原因で症状が起きているのかを早期に突き止めることが最も大切なので、症状発症直後に即座に病院に行くことが必要です。障害部位や程度にもよりますが、早ければ早いほど投薬や手術によって脳の血流を改善させることができ、後遺症を減らしたりなくしたりできる可能性が高くなります。

慢性期では再発予防のための投薬(血圧や血糖管理など)やリハビリをすることで失われた機能の回復を図っていきます。

鍼灸ではどのように考えているの?

東洋医学では、脳血管障害のことは『中風』と呼んでいます。経絡や気や血などの通り道がふさがれ陰陽のバランスが崩れたり、気や血の不足や偏りなどによって症状が引き起こされるとされています。

治療はどのように進んでいくの?

急性期はすぐに病院に行くことが必要です。しかし、鍼灸治療も発症後早めに受けていただく方が治療効果が出やすいのは経験上感じていることなので、病院でのリハビリ開始時や退院後などできるだけ早く治療を開始していただくことを当院ではお勧めします。病院でのリハビリに併せて行うことでの危険性はもちろんありませんし、リハビリの効果も高まることも期待できますのでお勧めです。

治療の流れとしては、塞がれている経絡をスムーズに流れるように調整し陰陽や上下のバランスを全身のツボを使って整えていきます。加えて、頭部への鍼で刺激をしていきます。治療間隔としては治療の初期(10回程度)は間隔が開かないように週に3回程度をお勧めしています。その後は徐々に間隔を開けていきます。治療による変化の出方には個人差があるので一概には言えないですが、すぐには変化が出にくい方が多いです。しかし、治療を続けていくことで何かしら変化が出始める方は多いので、根気のいる治療になることを最初にお話ししてから治療に入ります。

相模原一番堂 水戸鍼灸院相模原一番堂水戸鍼灸院

〒252-0137
神奈川県相模原市緑区二本松1-11-2
TEL 042-774-2292
駐車場あり(2台)。自転車は入り口脇に、ベビーカーは中にお願いします。